婦人科の医師

おりものの量・色・においの異常は婦人科の病気のサイン

婦人科で診察する女性特有の疾患には、まず、子宮・卵巣・膣・外性器に関わるさまざまな異常があります。生命にかかわる重大な疾患は稀ですが、それでも将来に妊娠・出産を希望する女性にとっては油断できないものばかりです。

膣カンジダの女性

婦人科系の疾患のサインとして見逃せないのが、「不正出血」「下腹部痛」「おりものの異常」です。不正出血や下腹部痛は、これらの症状を自覚した時には既に病気がある程度進行している場合も少なくありません。そこで初期の段階で早期発見するためには、普段からおりものの様子を観察しておくことが大切です。

子宮・膣・外性器からの分泌液でつくられるおりものは、量や臭いに個人差があります。ほかの人には普通の量であっても、多いと感じる人もいれば、他の人には臭いがきつくても、自分では当たり前という人もありますので、正常なおりものと異常なおりものを判別するための目安を知っておきましょう。

おりものの状態は月経周期によって変化します。普通は無臭もしくは少し甘酸っぱい感じの臭いがする程度ですが、月経直後はツーンと臭いが強くなる傾向にあります。下着について時間がたったおりものが臭いのは誰にでもあることですので、心配ありません。

おりものの量は、年齢によっても変化し、妊娠適齢期の性成熟期には多くなり、更年期が近くなると減少するのが一般的です。おりものの色は、月経後は薄い黄色や白色で、中間期(排卵期)は無色透明の水っぽいおりものが増えます。月経前は薄い黄色で白色なのが一般的です。

月経周期に関係なくおりものの量が増えたり、生臭いにおいがしたり、茶褐色や灰色、緑色っぽいおりものが出る場合は要注意です。膣や外陰部のかゆみ、痛み、ただれも伴う場合は、膣カンジダやトリコモナス膣炎、淋病などの性病、大腸菌やブドウ球菌などによる非特異性膣炎などの可能性が高くなります。

月経時や中間期(排卵期)以外におりものに血が混じる場合には、子宮膣部びらん、子宮頸管炎、頸管ポリープ、子宮筋腫のほか、稀ですが子宮がんの可能性もあります。いずれにしてもおりものに異常が見られた場合には、なるべく早く婦人科医の診察を受けて原因を突き止めましょう。

おりものに症状が現れる病気の大半は、様々な原因による膣の炎症です。セックスで上記の性病に感染したり、膣内の自浄作用が低下して膣内の細菌バランスが崩れる(=悪玉菌が繁殖する)、膣内に置き忘れたタンポンやコンドームなどが原因となります。

膣炎には治療しても完治まで時間がかかったり、治っても直ぐに再発するものがあります。その代表が、カビの一種カンジダ菌が繁殖する膣カンジダ症です。カンジダ菌は健康な人の皮膚や消化器官にも存在していますが、通常はそう簡単に繁殖しません。

しかし、過労や睡眠不足、風邪などで免疫力が低下すると、沈黙を守っていたカンジダ菌が繁殖しはじめ、膣カンジダを発症もしくは再発します。また抗生物質は、血中のビタミンB1・B2を減少させて、皮膚や粘膜のバリア機能を低下させるため、抗生物質を長期服用している方はカンジダ菌が繁殖しやすい状態にあります。


ページトップに戻る